なぜ?お尻にニキビができる3つの原因

おしりは顔と違ってあまり空気に直接触れる機会がない体の部位の1つですが、実はおしりにもニキビができる事は珍しくありません。

確かにおしりは空気に触れる機会が少ないため、雑菌などがつき、それによってニキビが・・・と言う可能性は極めて低いでしょう。

しかし、ニキビができる原因は決して雑菌が増えたり乾燥したり・・・だけではありません。

ここでは、おしりにニキビができてしまう主な原因を3つ紹介します。

もしあなたが、これからお話しする原因のうち1つでも心当たりがあるのであれば、おしりにニキビができやすい環境に身を置いていることになりますので、ぜひ注意してください。

原因1:おしりへの負担や摩擦

ニキビができる原因の1つが「外部からの摩擦や刺激」が挙げられますが、これはおしりにも例外なく言えることです。

「おしりに刺激なんか当たるか?」と思うかもしれませんが、実は普段の生活でおしりに負担をかけているケースというのは意外とあるのです。

例えば

・下着や衣類による擦れ
・体を洗う際の強さ
・保湿不足による乾燥
・体を洗った際の洗い流し忘れ

など。

特に保湿不足は、おしりにニキビができやすい状態になりますし、できたニキビの治りが悪くなる要因にもなります。

また、スキンケア用品などを使っておしりを乾燥させないようにすることが、ニキビを作らないポイントです。

原因2:おしりの蒸れ

先ほど「おしりを乾燥させてはいけない」と言いましたが、それ以外にもおしりが蒸れやすい状況だと、ニキビができやすくなります。

おしりはあまり外の空気に触れない場所のため、どうしても湿気がこもってしまいます。

こうした蒸れは、皮脂の分泌を邪魔するため、皮脂のバリアが満足に機能しなくなるため、かえってニキビができやすくなってしまうのです。

特に女性の場合は、ナプキンなどを使用することがありますが、こうしたものを使うことによっておしりが蒸れてしまい、ニキビができた・・・なんてこともあり得ます。

空気に触れない反面、汗を拭いたり熱を逃がしにくいというのが、おしりにニキビができる大きな要因と言えるでしょう。

原因3:おしりにかかる負荷

多くの人は座って仕事をしたり勉強したりしますが、この時おしりに体重がかかっていることに気づいていましたか?

こうした体重による負荷は、皮膚の角質が硬くなる原因と言われており、これがどんどん進行すれば、毛穴が詰まっていき、結果的にニキビができやすくなります。

そのため、長時間座りっぱなしになるのではなく、30分から1時間ごとに1回は立っておしりを負荷から解放してあげるようにしてください。

それだけでもニキビのできやすさという観点からはだいぶ変わってきますから。

おしりに負担をかけないのがニキビ予防の第一歩

おしりにニキビができるのは、決して肌が弱いとかそういったものが原因ではありません。

普段の生活においておしりがどれだけ清潔な状態で生活しているか・・・これが重要なわけです。

こうした原因は、ニキビ治療はもちろんニキビの再発を防ぐ意味でも大切なことですので、ぜひ生活習慣を改善してキレイなおしりを守っていただければと思います。

1件のコメント


  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です