お尻にできたニキビを治すためのコツ

何気なくおしりを触ってみると何かブツブツしたものができている・・・なんて経験をされた人もいるのではないでしょうか。

おしりにできるニキビは顔と違って目立たないため、気が付いた時にはできていた・・・なんてことも珍しくありません。

しかもおしりにできたニキビは比較的に治りにくいと言われており、ケアの仕方も正しくやらないと跡になってしまいます。

そこで、おしりにできたニキビを治す際のコツを紹介しますので、もしおしりにニキビにお悩みなのであれば、次のことを注意してケアしてもらえればと思います。

おしりにできたニキビは潰さない

よく顔にできたニキビをついつい潰してしまう人がいますが、ニキビの治し方としてはあまりよくありません。

そしてこれはおしりのニキビにも同じことが言えます。

ニキビを潰してしまうとそこから出血してしまい、後々その部分が跡になってしまうので、ニキビができたら潰さないよう摩擦や負担をなるべく避けるようにしてください。

触ったりかいたりするのはもちろんNGですし、体を洗う時も軟らかい綿素材のタオルや手で、しっかり泡立てて優しく洗うように心がけましょう。

また、仕事などで長時間椅子に座っている人は、クッションなどを使っておしりへの負担を減らしてください。

 

いつも以上におしりを清潔に保つ

おしりにニキビができたということは、今後も気を抜くと新しいニキビができる可能性がありますので、今まで以上におしりを清潔に保ち、これ以上ニキビができないように心がけましょう。

具体的には

・通気性の良い下着をはく
・お尻が蒸れないよう心掛ける
・体を洗った時は入念に洗い流す
・トイレの便座は一度拭いてから座る

などなど。

こうしたちょっとしたおしりへの心配りを習慣化させることで、ニキビの治りを早くするとともに、新しいニキビの再発を防ぐことにつながりますので、ぜひ実践してください。

 

おしりのニキビに合ったスキンケア用品を使う

おしりは顔に比べて皮膚が厚いため、顔と同じスキンケア用品を使っても効果が薄かったり感じにくかったりします。

そのため、おしりに合ったスキンケア用品を使って、おしりの保湿を保つようにするのがポイント。

特に、おしりにニキビができてしまった人向けに開発されたスキンケア用品「ピーチローズ」は口コミなどでも高評価ですので、どのスキンケア用品を使えばいいのかわからないのであれば、とりあえずピーチローズを使ってみてはいかがでしょう。

おしりにはおしりのニキビケアを

いかがでしたでしょうか?

基本的にニキビケアの方法は体のどこであってもそこまでの差はありませんが、細かい部分に目を配ると多少違いがあると思います。

こうした違いを実践するか怠るかが、ニキビケアの効果の違いとなって表れますので、なるべく生活習慣の中で実践すようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です