背中ニキビを消してキレイな背中にするための秘策

顔以外にもニキビはさまざまなところにできます。

その中でも、特に気づくが遅いのが背中にできるニキビで、気づいた時にはかなり目立ち、それによってプールや温泉など露出が多い場所に行けなくなった…なんて人も少なくないはず。

しかし

顔のニキビケアと同じようにすれば大丈夫なのか?
背中ニキビと顔のニキビは同じなのか?

といった悩みや不安を抱えている人もいると思います。

そこでここでは、背中ニキビを治してキレイな背中にするために必要なポイントについてお話しします。

具体的な方法についてはいくつかあるのですが、背中ニキビを治す上で大切なのは「内側」と「外側」の両方から治していく・・・ということ。

具体的には次のようなポイントがあります。

 

背中ニキビを「内側」から治す

内側から治すというのは、生活習慣などを改善することによって、ニキビの治りを早くする・・・ということ。

背中ニキビができる原因として「寝不足」や「睡眠不足」などが挙げられ、これによって肌が荒れて背中にニキビができやすい体質になってしまうのです。

そのため、普段の生活においてしっかりと睡眠時間を取ることによって睡眠不足を解消し、肌荒れを防ぐことによって、背中にできたニキビの治りを早くすることにつながります。

また、睡眠以外にも食事の摂り方を改善することでも背中ニキビを早期完治につながります。

例えばビタミンB2,B6、ビタミンCを積極的に摂ると効果的と言われているため、ミカンやグレープフルーツと言った柑橘系のフルーツやホウレンソウなどの緑黄色野菜を意識して摂るとよいでしょう。

ニキビは生活習慣の偏りから出てくるものなので、こうした偏った生活習慣を正しく改善すれば自然と治っていく上にニキビができにくい体になっていきますので、普段の生活習慣を見直して、改善できる部分は改善していきましょう。

 

背中ニキビを「外側」から治すために

背中ニキビを治すもう1つのポイントである「外側」から治す・・・これはズバリ“保湿を与える”ことを指します。

ニキビは肌が乾燥するとできやすいため、肌に潤いを取り戻することができれば、徐々にニキビは小さくなり、やがてキレイになくなります。

しかし、背中は皮膚が顔よりも厚く、皮脂が詰まりやすいため、顔に使っているスキンケア用品を使っても効果が薄いため、背中ニキビに効果的なスキンケア用品を使うのが得策。

特に「ジェルレイン」は、背中ニキビに特化したスキンケア用品として背中ニキビに悩んでいる人の多くが愛用しています。

こうしたスキンケア用品を使うことによって、背中ニキビの治りが早くなるうえに、ニキビができにくいキレイな背中にすることもできますので、1日も早く治したい人にはおすすめです。

 

背中ニキビを治すには「両方」大切

今回「内側」と「外側」から背中ニキビを治すためのポイントを紹介しましたが、最も大事なのはこの両方を同時に行うことです。

どちらか一方だけを徹底的にやっても、もちろん治りはするものの、治りが遅かったりやり方を間違えると変なニキビ跡ができて背中が汚くなってしまう・・・なんて可能性もゼロではありませんからね。

キレイな背中に戻すためには体の「内」と「外」の両方からアプローチをすることが大切。

これを忘れないでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です