顎ニキビができてしまう主な原因

人によって鼻や頬などニキビができやすい箇所が異なります。

その中の1つに「顎」があり、何かあるとすぐに顎にニキビができてしまう人もいますが、そもそもなぜ顎にだけニキビができるのでしょうか?

もちろん肌の質などによっても違いがありますが、顎ニキビができる原因というのは、肌の質によるものだけではありません。

ここでは、顎ニキビができる主な原因について解説していきます。

 

顎ニキビの原因は「ホルモンバランス」

顎にニキビができる最大の要因の1つがホルモンバランスです。

特に女性の場合は生理などによってホルモンバランスが変化するため、性周期のある時期に入るとニキビができやすくなる・・・なんて人も多いと思います。

男性の場合は女性と違ってホルモンバランスが周期によって変化することはありませんが、ひげをそる際の摩擦や刺激が原因で顎にニキビができる人もいます。

具体的には、男性ホルモンによって皮脂量が多くなり、そのタイミングで髭剃りなどによって肌を傷つけたことでニキビができたり、汚れが毛穴に詰まってニキビになったりします。

ホルモンバランスを崩す原因とは?

一概にホルモンバランスが原因と言われても、具体的にどうしたらいいか分かりませんよね?

実はホルモンバランスは生活習慣が偏ると、それに付随して悪くなる傾向があります。

例えば

・ストレスを溜めこむ
・睡眠不足
・偏った食生活

などが原因で、ホルモンバランスが悪くなることもあります。

つまり、ニキビができる=生活習慣の乱れともいえるので、ニキビ治療のためにも偏った生活習慣を一度見直してみるのもいいかもしれません。

 

スキンケアを間違えるとニキビになる

毎日洗顔をしていても、なぜか顎にニキビがでる・・・なんて人もいると思います。

これはスキンケア用品が自分の肌に合っていない可能性もありますが、それ以上にスキンケアの方法そのものが間違っている可能性があります。

例えば、洗う際に強く擦ってしまうと、結果的に肌を傷つけることになりますし、すすぎ忘れなどがあると、それが毛穴に詰まってニキビになってしまいます。

特に男性の場合は、髭を剃る際にきちんと保湿ケアをしないと、常にニキビができやすい状態のまま過ごすことになるため、髭剃り後のケアはしっかり行うようにしましょう。

また、保湿ケアも忘れないよう。

そもそもニキビの原因となる皮脂の過剰分泌は肌の保湿不足によるものであり、どれだけ洗顔をしっかりしても保湿ができていないとすぐにまた顎ニキビができてしまいます。

顎ニキビが次から次へとできないよう、きちんと保湿も怠らないようにすることも大切です。

 

顎ニキビの原因は生活習慣にある

顎に限らず、ニキビができる原因というのは、その人の生活習慣の中に隠されているといっていいでしょう。

極端な話、規則正しく健康的な生活を送っていれば顎はもちろん全身のどこにもニキビができることはありません。

しかし、生きていく以上どこかで必ず無理をすることだってありますし、自然と生活習慣が乱れる事があり、こうした生活習慣の偏りがどんどんひどくなるとニキビとして表れるのです。

もし顎ニキビができてしまったら、その原因はこれまでの生活の仕方にあるはずですので、この機会にご自身の生活習慣を見直してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です